株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 コモンズ30という投資信託が販売を開始しているようです。


 金太郎氏も以前から気にしていた投資信託です。


 日本で多くの株式会社を興した、明治の偉人にして日本資本主義の父・渋澤栄一の御子孫にあたる渋澤健さんによる創設です。


 ホームページを拝見いたしまして、優れたファンド設計であると思いましたので、ここで紹介することにします。


 いくつか金太郎氏が気に入った点をあげてみましょう。







 まず、さわかみファンドと同じく直販型の投信であること。


 販売手数料をぶらさがり会社にぼったくられる通常の投信と異なり、販売手数料はかかりません。







 信託報酬手数料が非常に良心的な設計であること。


 当初は1・2%強とさわかみファンドの1・05%より多いですが、資産総額が増えていくに従って手数料率が減る仕組みです。


 以前、インデックスファンドの問題点を書いたとき、まともな仕事もしないのだから資産額が増えたら手数料率を減らすべきだと指摘したと思います。


 アクティブファンドでこれをやってくれる投信が現れるとは感激です。







 積立が3000円からと超低額に設定。


 投資のための資金が少ない方にも嬉しい設計です。


 子供のための積立投資もこの金額からなら気軽にできるでしょう。


 投資の基本はコツコツ続けて大きく育てることだと思いますが、それができるファンド設計といえるでしょう。







 設定額と追加限度額に上限が設けられていること。


 以前に指摘しましたが、ファンドの資産規模が際限なく増えることは、成績も平均に近付いていくことを意味します。


 追加設定額に上限を設けていることは、この点で好感を持てます。


 ファンドを売る側の利益のためでなく、買う側に立った設計がされているからです。







 投資される銘柄が30銘柄程度と少ないこと。


 分散投資の問題点を指摘してきましたが、その問題点を克服する可能性のある投信が出たことは嬉しい限りです。


 しかも、国内外の株式とされており、選考対象も広いようです。


 もちろん、長期保有を投資方針としています。


 ホームページでは、実際の組入銘柄を5銘柄あげていました。


 任天堂、トヨタ自動車、コマツ、資生堂、エーザイです。


 個人的には、納得できる企業ばかりです。(というより、金太郎氏が中核事業として個人的に保有しているもの多数。)


 「長期で」指数や平均を撃ち破る可能性の高いファンド設計であると考えます。


(本音を言えば、確実に撃ち破るだろうと思っています。)







 実際の運用成績がどのようなものになっていくかは未知数ですが、ファンド設計においてはさわかみファンドの上をいくのではないかと思います。


 期待は大きいです。


 なお、渋澤健さんのブログがあります。


 お人柄に触れて、理念に共鳴してからファンドに参加するのがいいでしょう。


(お金の方が大事な方には、お勧めしません。w)


 渋澤栄一翁の志を受け継いだ運用をする限り、立派な成績を残していくのではないかと思います。


 以上、コモンズ30の紹介でした。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 2008年3月2日付日経新聞17面に、積極運用型投信の成績について記事が出ていたので書き留めておきます。







<2000年3月~2008年1月までの総合成績>


順位 投信                 運用会社    騰落率(%)

1  アクティブバリューオープン      T&D     106・5
2  さわかみファンド           さわかみ     60・3
3  ダイワ・バリュー株・オープン     大和       35・0
4  大和住銀日本バリュー株ファンド    大和住銀     20・0
5  利益還元成長株オープン        日興      ー17・6
6  TOPIX                      ー21・7
7  日興エコファンド           日興      ー24・8
8  フィディリティ・日本成長株・ファンド フィディリティ ー26・5
9  フィディリティ・ジャパン・オープン  フィディリティ ー26・9
10 三菱UFJ日本株アクティブオープン  三菱UFJ   ー27・8
11 ノムラ日本株戦略ファンド       野村      ー30・7
12 ノムラ・ジャパン・オープン      野村      ー32・9
13 MHAM株式オープン         みずほ     ー38・6
14 日興ジャパンオープン         日興      ー43・4
15 三井住友・日本株オープン       三井住友    ー44・6
16 アクティブ・ニッポン         大和      ー44・6
17 デジタル情報通信革命         大和      ー67・3


 対象は国内株アクティブ型(R&I分類)のうち、2002年2月以前に設定され、2008年1月末の残高が200億円以上の追加型株式投信。基準価額の騰落率は分配金再投資ベースでQUICK調べのデータを基にR&Iが作成。一部略称。







 インデックス信者の高笑いが聞こえてきそうな惨憺たる有様ですね。


 もっとも、そのインデックスを期間最初に買ったとしても負けているのですが。


 ナンテコッタイ………orz


 記事では、この統計の他に期間を、


「A、ITバブル崩壊後の下落期(2000年3月~2003年4月」


「B、株価上昇期(2003年5月~2007年6月)」


「C、サブプライム問題深刻化以降の下落期(2007年7月~2008年1月)」


に分けて、それぞれの騰落率も示していました。


 傾向として積極運用型は、Bの株価上昇期にTOPIXを上回る成績を叩き出しているようです。


 実際、下回ったのは、三井住友・日本株オープンとデジタル情報通信革命の2つのファンドだけでした。


 逆に株価下落局面では、TOPIXの優位性が際立ちます。


 サブプライムショックの期間である「C」を例にあげると、TOPIXはー24・1%で3位の成績。


 総合成績で上位3位に入った投信のサブプライムショック期間の成績は、アクティブ・バリューオープンがー27・5%で下から3番目。


 さわかみファンドがー24・2%で4位。


 ダイワ・バリュー株・オープンがー27・9%で、下から2番目となっています。







 以上のような結果ですが、どう考えるべきでしょうか。


 まず、何度か書いたと思いますが、積極運用型投信の弱点は信託報酬手数料が高いことです。


 その中で大健闘している上位2つのファンド、アクティブ・バリューオープンとさわかみファンドは、手数料がそれぞれ1・08%と1・05%(税込)で、積極運用型にしては割安です。(但し、アクティブ・バリューオープンは販売手数料がかかる点に注意)


 また、そもそも割安株(将来価値からみて)への長期投資を前提にファンドが設計されており、このことが市場平均に対して長期間で優位に働いているものと考えられます。


 積極運用型投信に投資する場合、市場平均を上回れなければ割高の手数料を払う意味はないのだということは、投資の前によく自覚しておくべきでしょう。(投資収益に固執しない場合は別)







 次に、株価上昇局面で市場平均を上回っているのは、景気低迷期における調査を通じて、回復期に上昇するであろう個別優良企業への集中投資が効を奏しているものと考えられます。


 また、それら優良企業に続々と新たな資金が群がる結果、成績が一段と上回る傾向があると考えられます。


 反面、現在のような景気悪化局面では梯子が外された状態となり、買われていた銘柄も次々と売られていくため、市場平均並みの成績(或いは少し悪い成績)となってしまうのでしょう。


 しかし、高い総合成績を見る限り、長期運用型の積極運用型投信を利用する価値は大きいと思います。







 長期運用の積極運用型投信とTOPIX連動型投信との比較についてですが、今後、以下のような現象が生じるのではないかと思っています。


 サブプライムショック前のような通常の景気回復局面では、徹底的なリサーチに基づく個別優良企業への投資が奏効し、優秀な積極運用型投信が優位にたつ。


 現在のような通常の景気後退局面では、それまでに買われていた銘柄が若干割高となっており、これらを高比率で組み込んでいた積極運用型投信がインデックスに対し若干劣位にたつ。


 株価がバブル状態の時は、長期的な企業価値を無視して、長期的な競争力を持たない企業にもとんでもない値段がつくので、これを組み込んでいるインデックスが優位にたつ。(恐らく、この時期インデックス信者の鼻息が荒くなると思います。それで、インデックスに負けてるアクティブファンドの購入者がしまった~って思っているような気がします。)


 バブルが弾けると、株価は妥当な水準まで調整していき、その過程で価値のない企業がふるい落とされるので、次第に積極運用型投信が優位にたつ。


 バブルの時に、積極運用型投信が一緒になって踊ってしまうと意味ないのですが(笑)。







 米国でITバブルの折、関連株式に全く見向きもしなかったウォーレン・バフェット氏が運用を揶揄されました。


 しかし、バブルが弾けてみると、評価は再び180度転換しました。


 アラビアのバフェットこと、アルワリード王子はITバブルに一緒になって踊り、ちょっぴり痛い目を見たようです。


 こんな状態が来たら、アルワリード王子と同じく一緒に踊ってしまいそうです。


 暴落状態の現在と同じく、株価は見ないようにした方がいいですね(笑)。







 なお、暴落時に買いを増やすという方法を採ることで、長期的な成績を向上させることも可能かなと思ってます。


 ファンドの基準価額も下がっているので、安売りされてるときに勇気を出して買っておきましょうってことですね。


 これが一番難しいのですが。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


『フィスコの特選情報』


 さわかみファンドのレポートが届いていたので、ポートフォリオの変動をチェックしてみました。


 2007年4月27日時点で、組入比率が全341銘柄中上位100銘柄に入った企業のうち、4月13日から4月27日の間に、さわかみファンドが買い増した銘柄は以下の通り。







大同特殊鋼        250万株     → 300万株
東レ           190万株     → 235万株
日本電産          19万株     →  24万株
ブリヂストン        71万株     →  71万5600株
富士通          180万株     → 210万1000株
住友電気工業        89万200株  →  90万株
HOYA          29万株     →  41万株
ユニオンツール       21万3400株 →  30万500株
ヤマトホールディングス   59万3000株 →  65万株
関西ペイント        97万株     → 107万株
愛知製鋼         126万株     → 145万株
日東電工          17万株     →  18万株
富士重工業        135万株     → 160万7000株
日本油脂         142万3000株 → 163万株
昭和電工         205万株     → 240万株
日機装          103万株     → 105万株
ダイセキ          35万2300株 →  36万6400株
住友化学          70万株     → 100万株
JSR           25万2800株 →  28万2800株
ツガミ          105万株     → 115万株
日立ツール         38万株     →  44万株







 この前、記事で取り上げた東レをガンガン買い増してくれてます。


 このファンドは、僕が保有して応援したいなと思う企業は、大抵ポートフォリオに組み入れてくれているので、余剰資金があれば入れておこうという気になります。


 100位には入っていませんが、同じく繊維業界の帝人も64万株から74万株へと買い進めています。







 この他で目立った動きといえば、海運、造船が売られていることです。


商船三井       63万株     →   55万株
日本郵船       50万株     →   45万株
日立造船      109万7500株 →   60万株


 ここんとこ調子が良かったですからね。


 十分上がってくれて割高になったということで、利益確定に入ったのでしょう。


 値下がりしたり、不況で株価が冴えなくなったら再び買いに入ると思います。







 それから、ブックオフも14万9400株から182200株へと買い進められています。


 元パートで女性の橋本真由美さん(タレントの清水国明さんのお姉さん)を社長に起用しており、非常に柔軟でユニークな企業だと思っていましたが、買い進んでくれているのをみると嬉しくなります。







 それから、以前に記事で触れたハイビックと日本駐車場開発が、株価下落にもかかわらず買い進められていました。


ハイビック     57万株     →   57万6300株
日本駐車場開発    1万6944株 →    1万9000株


 日本駐車場開発の方は、個人的にはまだ割高感があるかなと思っているのですが、おかまいなしで買ってますね。


 生活に役立つ活動をしている企業を応援する。


 これという企業が売られている時に、勇気をもって買い向かう。


 10年で2倍になればいい。


 どうしようもなく売られている時には、数字もメチャクチャだけど買う、などと澤上さんは仰ってました。


 言葉通りに実践している感じです。


 以上、参考までに記事にしてみました。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


独自のセンスで相場に挑むか?それともプロが使うフィスコの情報を使ってみるか!?

株は配当金を狙って


 さわかみファンドの買い方ですが、ウツミ屋証券で購入するかさわかみ投信株式会社から直接購入するしかありません。


 私はさわかみ投信株式会社から直接購入しています。


 澤上さんが複利効果を強調されているだけあって、分配金再投資型しかありません(分配金再投資型のススメ参照)。


 投資したい金額(1万円以上1円単位)をさわかみファンドへ送金して、ファックスか電話で購入金額等を連絡すればOKです。


 電話をかけると、いつもスタッフが丁寧に応対してくれます。


 せっかくの機会ですから、分からないことがあったら質問などしてみるといいでしょう。


 直接購入の場合、パソコンでボタン一発というわけにはいかないのが面倒臭いところです。


 しかし、こういうアナログな所を残しているのは、さわかみファンドのスタッフと出資者をつなぎ信頼関係を高めるという利点もあるのかなと、ふと考えてしまいました。







 次に注意事項です。


 投資信託説明書にも書いてあるのですが、短期保有目的での購入は遠慮して下さいとのことです。


 長期運用を前提としており、ファンド資産の運用効率を悪くするファンド資産の激しい変動を避けるためです。


 一般サラリーマン家庭の長期資産形成を主眼としているので、こういう断り書きがわざわざあります。


 他のファンドでは見られない特徴でしょう。







 因みに、上記サラリーマン家庭の資産形成という観点から、毎月一定金額を指定金融口座から引き落としてファンドを購入できる定期定額購入サービスを設けています。


 いうなれば、自動ドルコスト平均法ですね。


 ファンドなので元本が保証される訳ではない点に注意が必要ですが、長期投資ということで銀行預金に代えて余裕資金でリスクを取ってみようかって方は、こういう方法での積み立てを検討してみてもいいでしょう。







 最後に、前の記事のコメントでもしも株で勝ったらのかぶえもんさんが、リスクの1つとして澤上さんの高齢を指摘してくれました(高齢といっても1947年3月のお生まれですから、現在60歳近くです)。


 ご病気をされるとファンド資産が一気に流出して、運用状況が悪化するのではないかということですね(村上ファンドを思い出してみればいいでしょう)。


 金太郎さんは澤上さんがどうこうなっても解約するつもりはありませんが、リスクとして上げておきたいと思います。


 因みに金太郎さん自身は、澤上さんを歴史上の偉大な人物になぞらえて見ています。


 つまり、ローマのユリウス・カエサルや江戸幕府の創始者である徳川家康などですね。


 偉大な人物というのは、死してなお共同体が機能するようなシステムを作りあげています。


 後継者の育成にも余念がありません。


 カエサルなどは、不慮の死にも関わらずアウグストゥスという優秀な後継者を指名していたため、その後のローマ帝国の繁栄へと繋げていくことができました。


 ちょっと大げさですが、澤上さんがご自分の高齢を意識してないわけはないと思います。


 着々と手は打っているでしょう。


 現に、さわかみファンドからのレポートには、澤上さんだけでなくスタッフのレポートが多数載っています。


 皆、澤上さんの遺伝子を色濃く受け継いでいることをうかがわせる内容のレポートです。


 さわかみファンドという船は、偉大な船長を失っても航海を続けていけるよう、準備は怠っていないのだと私自身は認識しています。


 以上、澤上さんのご高齢リスクの判断は各人でやるしかありませんが、気には止めておいて下さい。


 もしも株で勝ったらのかぶえもんさん、良い指摘をありがとうございました。







 澤上さんの講義を見てみたい方は、澤上篤人先生の長期投資入門講座がDVDになっています。


 また、澤上篤人さんの著書も多数出版されています。


 興味があれば勉強してみるといいでしょう。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株は配当金を狙って


 さて、さわかみファンドの続きですが、いくら志が高くても運用成績が悪いのでは、共感は得ても資金はそうそう集まりません。


 澤上さん自身も、いくら偉そうなことを口で言っても結果が伴わなければ人はついてこないということをおっしゃってます。


 私のように自分の志が低いために、志が高いというだけで無性に感心してしまい、よく考えもせずにえ~いと大切なお金を投げ込むあほうばかりではありませんからね。


 そこで運用成績を見てみると、この前送られて来た2006年10月31日のデータで基準価額が17853円(最新のデータや詳細は、さわかみファンドのホームページで確認できます)。


 1年前比12・1%、3年前比59・4%、5年前比85・3%、設定来78・5%の利益を出しています。


 複利年率は8・4%となっています。


 因みに、1999年8月に設定したようですが、特に2002年8月頃から1年間は、基準価額8000円と20%のマイナスも経験しています。


 これが株式投資のリスクですが、きちんとした銘柄選択をしている限り時間が経てばリスクがリターンとなって、きちんと利益を得られます。


 この時期にさわかみファンドを購入した人は、今頃大きなリターンを得ていることでしょう。


 もちろん、今後も順調であることを保証するものではありませんが、長期投資で預けるとどうなるのかという参考にはなるでしょう。







 因みに、最近のレポートで澤上さんは大要こういうことをおっしゃってます。


 これからの時代、老齢化が進み人口も微増ないし減少していく中で、年金や退職金もアテにせずに個が自立した生き方が求められる。


 そのためにまず必要なのがお金である。


 今から長期投資を始めて何十年か後に大きなリターンを得ておくと、それが複利の効果を産み出していく。


 こうして雪だるま式に増えた資産を保有しておくと、その資産が産み出す利益だけで生活を賄えるようになる。


 自分年金の出来上がりであると。


 実際に獲らぬタヌキの皮算用と断りつつ、仮想の資産形成プランを述べておられましたが、面白かったです。


 実際に長期投資で複利効果を生かし、何十年か後に多くのリターンを得ている自分を想像することが重要なんだそうです。







 年金も退職金もアテにできないし、アテにしない。


 だからといって、銀行預金では大昔のように10年でほぼ倍になるということもない。


 銀行は既にその役割を放棄し、自らの利殖にのみ腐心している。


(最近は政治資金の復活まで考えてるそうですよ。利益を得たなら、政治家に返す前に市民に返せ、ばーろー!←あれあれ、金太郎さんは本当に心の底から銀行業界が嫌いなんですね。)


 資産形成のためには、銀行預金に代わるものを見つけないといけない。


 銀行が預金を集めて自らリスクを負いつつ市民のためにやっていたことを、今度は市民が自らやる必要がある。


 それは投資なんだけど、自分でやるには知識もないし、やってみたが損ばかりしてちっとも安心できない。


 行き着くところは、良質のファンドということになるんでしょう。


 さわかみファンドは、澤上さんの個人的な崇拝者が多く購入しているという話も聞きます。


 私もそんな澤上信者の1人なんですが、全額ぶち込んでいるわけではないので、狂信的というほどではないですけどね(笑)。


 でも、最後に一言、







 澤上様さえ信じていれば、きっと老後を救ってくださります………合掌。


   (―m―)  ←自己取引で含み損を抱えて祈るバカの図







 次回は、ちょっと小難しいさわかみファンドの購入の仕方について書きます。


投資情報満載の人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る