FC2ブログ
株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 日経平均で2万1000円代半ばをウロウロ。


 任天堂もピークアウトしちゃったみたいで、ズルズル下落。


 今年は前年の反動で、冴えないまま終わりそうです。


 そういえば、配当利回りランキングの常連企業さんで、またまた不祥事。


 今度はトップが逮捕で、なんだか大変そうです。


 自分の投資先には、こんなになって欲しくないものです。


 逮捕されただけで起訴の有無やら有罪無罪やらは分かりませんが、それ以前に適切な企業統治ができていたら、リーマンショックのときにお払い箱にできてたはずです。


 あらためて、企業統治といっても見せかけだけの企業が多いことに注意が必要だと認識させられました。


 特に、赤字を出したときの経営者の態度と去就には注意です。


 そこに全てが現れます。


 かつてトヨタ自動車の創業者は、創業者であるにもかかわらず赤字経営の責任をとって会社を去りました。


 自分に、経営を見るときの基準を与えてくれた事例です。


 さて、この企業ほどの規模になれば、年金等を運用する機関投資家の保有銘柄であるでしょう。


 日経平均にも入り、金融緩和で日銀が買いまくったETFにも当然組み入れられているでしょう。


 このトップが被疑事実に該当する行為をしたのであれば、抜かれたお金は、あなたのお金であり、国民のお金でもあるわけです。


 人ごとではないのです。



 またしても、の株式市場乱高下。


 落ち着いたと思ったらやってきますね。


 といっても、下げ幅も大したことないですが。


 額が大きいのでびっくりしがちですが、株価が上がってますので、%でみたときはそうでもないです。


 落ち着いて見守りたいところです。





 またか、の検査不正で揺れる企業が出てきました。


 主力事業での不正は、根が深いです。


 株価が下がると、気にはしますが、今回も見送りですね。


 個人的には、優良企業と呼べるだけの実力があり、不正が主力事業でなく、経営陣が責任をきちんと取り、事後対応もしっかりしている場合、買いのチャンスと認識しており、そこは買います。


 不祥事は多くの場合、買いのチャンスでもありますが、長期保有できない企業を買っても値幅抜いて終わり。


 それでもいいと言ってしまえば、それまでですが、やはり「やる価値がないことをうまくやっても意味がない」というチャーリー・マンガー氏の言葉は肝に銘じておいた方がよさそうです。



 日経平均22000円から23000円を行ったり来たりです。


 年末に向けて上昇してくれればいいけど、どうなるでしょうか。


 銀行の苦境が度々取り上げられてます。


 随分前から、社会的な機能を失っているのではないかと疑問に思ってましたが、最近はその傾向が一層明らかになった感じ。


 そんな中で気を吐いてきたはずのスルガ銀行が、不祥事で株価下落。


 伝統的産業で何か革新的なことをやってそうな企業は、業界の中で大手、重鎮と目されるところ、例えば銀行ではメガバンクとの比較検討が必須です。


 なぜかというと、伝統的産業であればあるほど、そうそう美味しい話はなくて、あれば大手がやってるし、やってないとすれば、それは事業的に、あるいは法的に、かなり危ないと考えられているはずだからです。


 一見、うまくいってそうに見えたとしても、持続可能性があるかどうかはわかりません。


 リーマンショックの時も新興の不動産業が軒並みやられていました。


 投資先を考えるときには、注意すべきことだと思います。






 メルカリも無事上場を果たしましたね。


 時価総額7000億円とか。


 IPOは当然のごとく外れ、市場で買う気もなく株価を見てます。


 値動きが初手から荒いですね。


 落ち着くまでしばらくかかるんでしょうか。


 ちなみに、ヤフーの時価総額が2兆1千億円くらいでしたので、およそ3分の1ですね。


 アメリカ市場で目論見通り成功すれば……て感じですかね。


 経営は勉強になりそうなので、気にしてようかなって考えてます。






 今年も株主総会が次々終わり、議決権も行使しましたが、まあなんだかなぁって会社もちらほら。


 ほぼ確信しているのは、企業統治だなんだっていってやってますけど、効果ないんじゃないのってこと。


 まー、外部の人間呼んできて貴重でもないご意見聞いてもいいんですけど、株主の金使ってやってほしくないですね(笑)。


 なんだか外国人投資家に言われるから、形式的にそれらしい体制つくってみましたみたいな感じです。


 もちろん、そうではなさそうな会社もありますが。


 個人投資家的には、企業統治体制を気にする前に、それを作っている中心人物、つまりは代表取締役とかCEOとか呼ばれる人間の資質に集中した方がいいです。


 あと、毎年、いい歳したおじさんたちから報酬あげてのおねだりがくるんですけど、もう大人なんだから自分で自分の経営する会社の株式買って長期保有して儲けなさいって。


 自分の能力知ってて、究極のインサイダー取り引きが許されているのに、おねだりなんてしなくていいのでは?


 それに、従業員さんの給料ってそれほど上がってましたっけ?


 高い報酬は、本当に見合っているのなら大歓迎だけど、見合ってるのかな?


 そんな疑問を抱きつつ、議決権行使しました。


 総会の前から結論出ててるの知ってるから、虚しいっちゃ虚しい行為ですな(苦笑)。


 総会終わると、速攻で議案通りに可決されましたって通知が来ます。



 今回は慎重になんて思っていたら、中途半端に下げた後で戻っていってます。


 なかなか思うようにいきませんね。


 でも個別株を見渡せば軟調なものもあって、どうしようかなと思案中。


 そんな中、メルカリの上場が今度こそは本決まりのようです。


 上場に伴って、様々な問題点も指摘されて、いろいろと参考になりました。


 新興企業は様々な問題点が、高い株価に覆い隠されていることも多くて、ハイリスクノーリターンなこともしばしば。


 注目していたユーグレナも高値からズルズルと下げてきています。


 公募価格くらいが妥当な値段なのかなという気もしますが、そこを割るような企業はおそらく買いたくもないでしょうし。


 難しいですね。


 短期の売買でなら面白いのでしょうが、長期投資が前提となるとなかなか手を出しにくいのではないでしょうか。


 IT系の企業は、注目してた企業さんが、グーグルの動向で業績ガタ落ちってなことがあって、改めて難しさを認識したことがありました。


 アップル、グーグルのアプリを介して儲けようという場合、両社に手数料がいく仕組みなので、それならアップルやアルファベット持ってた方がいいんじゃないかってなケースもあるでしょう。


 検索はグーグル頼みとなると、検索エンジンをいじられたり、先に顧客にアクセスされると、これまた事業基盤が揺らぎます。


 いろいろと見ていると、思案しなければいけないことがたくさんありますね。


 買ってない企業も買ったつもりで見ていると、日々失敗と勉強の連続です。


 買っていると、あいたたた、です。