株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 GAME : プラスサム×マイナスサムの CHARO さんより、とっても美味しい優待情報を頂いてしまいました。


 これは皆で共有しておくといいかなと思ったので、ここに書いておきたいと思います。


 銘柄はカスミ(8196)です。


 茨城県を中心とした北関東を地盤とするスーパーだそうです。


 2003年からイオングループ入りをしているようですね。


 イオンは日本最後の成長市場と位置づける首都圏の攻略を進めていますが、カスミを傘下に収めたのもその一環でしょう。


 カスミはイオンの力を借りた効果が出たのか、赤字店舗の閉鎖が一巡し増益基調の模様。


 株価ですが、2007年9月21日終値が、584円(1単元1000株で、584000円)です。


 2月決算で予想1株配当額が14円、予想配当利回りも2・4%と高いです。


 8月に中間配当があって半分の7円ですから、2月と8月に7円ずつもらえる計算ですね。


 予想PERは16・5倍、PBRは1・05倍とお手頃感も出てきてます。


 因みに四季報では、2009年の利益も順調に伸びていくと予想されています。


 気になる株主優待を見てみましょう。







 1000円以上の買い物につき、1000円ごとに利用可能な100円の優待券を半期(2月末と8月末が権利確定日)ごとに以下の枚数配布。


 1000株未満    30枚

 1000株以上    60枚

 2000株以上    120枚

 3000株以上    180枚

 5000株以上    300枚







 CHARO さんによると、ポイントは1000株未満30枚というところで、例え1株でも30枚の優待券をもらえるようですよ。


 つまり単元未満株式でも同じように優待券をもらえるということのようです。


 え、ということは、584円(売買手数料がこれに加わりますが)で年間6000円分の優待券?


 なんだかキツネかタヌキに化かされたようなお話ですが、カスミのホームページの優待情報にもそう書いてあります。


 1単元に満たない株式は、単元未満株(証券会社によって呼び方が異なります)として売買できます。


 会社の経営に参画するための議決権はありませんが、配当請求権は単元株と同様にあるので経営には興味の無い一般株主にとっては、これで全然問題なしですね。


 僕が普段利用しているイー・トレード証券では、売買手数料が約定代金の0・63%(税込)となっています。


 松井証券でも同じ手数料でした。


 ぴっぽっぱっと計算して切り上げると………588円?


 ということで、普段カスミを利用されている方には、ワンコインちょいでお得な優待券。


 使ってあげたらカスミの売上アップにもなって、どちらもラッキー!(ホントか?)







 小売は最近、まったくもって冴えない値動きですが、よく調べれば順調に業績を拡大しそうなのについでに売られてしまっている銘柄も多いと思います。


 株主優待でも美味しい銘柄がたくさんあるので、自分が普段利用する会社を調べてみると、良い銘柄に出会えるかもしれませんね。


 長期で投資しようと考えた場合、誰もが買う時に自分の頭で一応計算して、高いか安いかの判断をすると思います。


 でね、そこで出した結論は、前提が大きく崩れない限り自信を持ってていいと思います。


 市場がどんな株価をつけようが、自分にとって安いもんは安い!


 株価が下がったら、高かったのではなくて、もっと安くなっただけの話です……多分(←あらッ、弱気!)。







<覚えておきたい偉大な投資家のお言葉>

 恐れは、流行に流される人には敵であっても、ファンダメンタリストにとっては友達なのです。(ウォーレン・バフェット)


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る



 イオン(8267)が2年ぶりの大安売りです。


 ここは配当利回りでは大したことはありませんが(株価1849円、1株15円、利回り0・81%)、株主優待が美味しいです。


 普段お買い物をされる方にとっては、2年ぶりのチャンス到来でしょう。(ホントか?)


 因みに、株主優待の内容は以下の通り。







 新規株主に対して申込書を送付し、申込者に対しオーナーズカードを発行。


 半期100万円までのお買上金額に対し、保有株に応じた返金率でキャッシュバック。


 100株以上   3%
 1000株以上  5%
 3000株以上  7%


 その他 毎月20・30日のお客様感謝デーはさらに割引(5%オフ)


 イオンだけでなくマックスバリュなどでも使えて、株主と生計を同じくする配偶者、親、子供(18歳以上)にも家族カードなるものを発行してくれます。


 詳細はイオンのホームページで確認してみて下さい。







 つまり、100株購入して半期100万円使えば(そんなお金持ちさんがいるのかどうかは知りませんが)、3万円も浮いてしまうのです。


 1年で200万円使えば、6万円!


 イオンの売上高は増えて、株主も割引を受けられて、どっちも大ラッキー!……多分。







 権利確定月は、8月20日と2月20日となっています。


 ですから、5営業日前の8月14日までには買っておかないといけないということでしょう。


 現在の株価は、07年8月3日終値で1849円です。


 従って、最低限の優待を手に入れるには184900円が必要です。


 週明けに、また下がっているかもしれませんけどね。







 現在、業績発表が思わしくなかったことから、2100円付近の支持線を下にぶち抜きました。


 ちょいと底が見えない展開ですが、予想PERは20・27倍、PBRは1・62倍に落ちてきています。


 52週高値が3060円ですから、半額近いですね。


 長期投資で腹を据えて投資(応援)してみようという場合、高値からの割引率を考えると勇気が出ます。


 うわっ、40%引きの大安売りじゃない!


 買わなきゃ損よ、損!


 普段お買い物をする時と同じ感覚で株を買えるかどうかが決め手です。


 さらに値下がりしたら?


 もっと割安になったと買い増します。


 倒産しなければ大丈夫!


 個人的には、店舗にいって見ている限り、消費者や利用者のニーズに応えようという姿勢が見える、応援しがいのある企業だと思っています。


 え、金太郎さんは買いたいか?


 あのね、こういうのを待ってたから、既に買っちゃった(笑)。


 だから、今は含み損状態だお。


 ぢ~ぢ~ぢ~(←泣いている)







<イオンの株主優待について補足>

 権利確定後、9月下旬頃にオーナーズカードの申請書が到着。


 必要事項を記入の上、送付。


 10月下旬頃にオーナーズカードが到着。


 大体、以上のような手続きの流れになるようです。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株は配当金を狙って


マルシェ(7524)


 株価            1061円(07/1/26終値)


 予想配当額         24円(3月決算、9月中間配当)


 配当利回り         2・26%


 DOE           2・59%


 予想1株利益(EPS)   43・3円


 前期実績PER       40・34倍


 今期予想PER       24・5倍


 PBR           1・15倍


 今期予想ROE       4・68%


 1単元           100株(106100円)






 株主優待(3月と9月)


 1枚1000円の飲食券
 (飲食1回につき1人1枚まで利用可能、他サービス券との併用不可、有効期間6ヶ月)


 100株以上  3枚


 500株以上  15枚


 1000株以上 25枚


 飲食券は10000円分で自社製品と交換可能。06年3月の自社製品はお米5キロ。


 さらに、1000株以上の株主には、自社直営店飲食割引券(20%割引)と自社製品(06年3月はお米5キロ)







 マルシェは、居酒屋の酔虎伝、串焼きの八剣伝を主力として、様々な店舗をフランチャイズ展開する企業です。


 そういうわけで、ビール供給先として大株主にアサヒビールがちゃっかりと入っています。


 関西、東海地方が地盤ということで、この辺りの人には馴染みも深いのではないでしょうか。


 業績は、飲酒運転取締強化などを受けて悪化。


 出店による増益でなんとか踏ん張っています。


 もっとも、ここ数年伸び悩んでいた売上高や利益が反転上昇しつつあるようです。







 現在の株価は、PBRで見ると1倍ちょっとで理論的には底値近く。


 ちょっと業績が伸び悩んだり、一時的に悪化した銘柄の中に、このように理論的な底値であるPBR1倍程度でうろうろするものが散見されます。


 金太郎さんが、以前紹介したテイツーもそうでした。


 PERで見ると割高感もありますが、四季報の2008年3月期予想1株利益は58・5円。


 これを元に、現在の株価でPERを算出すると18倍くらいで、現在の東証平均(19倍~21倍)と比較してやや割安な値になりますね。


 先行投資による一時的な業績の悪化(売上高は伸びているが純利益が減っている等)で株価が下がっているものを見つけて買っておくと、業績が元に戻っていくにつれて株価上昇の恩恵を受けられる可能性が高いです。


 ただ、マルシェは売上高が劇的に伸びるという感じでは無さそうなので、あまり大きな期待はできないでしょうね。


 チャートを見ると、1200円に厚い壁があるかのように跳ね返されています。


 でも、下値は徐々に切り上がってきてますから、業績が回復・拡大すればぶち抜いていくかもしれません。







 この銘柄の美味しいところというのは、株主優待ですね。


 1000円割引券を100株で年間6枚もらえます。


 6000円を配当でもらったとして計算し直すと、利回りは7・92%!


 イマージュほどではありませんが、なかなかのものですよ。







 SRI(社会的責任投資)の観点からすると、こういうお酒に関わる銘柄はたばこと同じくマイナス評価なんでしょうね。


 日本では、お酒に対する抵抗感も欧米やイスラム諸国ほどではないでしょうけど。







 株価の上下動があまりない比較的安定した銘柄ということが出来ると思います。


 お酒が好き、居酒屋が好き、マルシェの店舗が好きでよく行くって方は買って応援してあげるのも良いでしょう。


 或いは、仕事帰りにお安く一杯飲んで帰れるように、優待狙いで持っておいてもいいのではないかと思います。


 情報提供はFXはシステムトレードで勝とうの為替ドル助さんでした。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株式常勝軍団メンバー募集!
個人投資家向けにプロによる投資売買助言を行う投資顧問サイト。
市況や推奨銘柄を伝える情報会員制度の他、個別指導を行う成功報
酬会員制度もあります。

株は配当金を狙って


昭和シェル石油(5002)


 株価            1308円(07/1/26終値)


 予想配当額         36円(12月決算、6月中間配当)


 配当利回り         2・75%


 DOE           4・54%


 予想1株利益(EPS)   111・5円


 前期実績PER       8・42倍


 今期予想PER       11・73倍


 PBR           1・65倍


 今期予想ROE       14・1%


 1単元           100株(130800円)






 2年程前に保有した事がある昭和シェル石油を取り上げてみたいと思います。


 ロイヤル・ダッチ・シェル系列で、効率経営がウリです。


 これは、ROEが高いことから分かると思います。


 ロイヤルにダッチの響きが、私のような庶民にはいいですね~(笑)。


 PERもPBRも低水準に止まっています。


 実際に、割安高配当でスクリーニングをかけると大抵ここが引っ掛かってきます。


 石油関連の株というのは、1単元が高額な銘柄が多くて、貧乏人はあっちいけみたいな感じですが、昭和シェルや東亜石油、新日鉱ホールディングスといった銘柄は、1単元が安くていい感じです。


 仮に資金をたくさん持っていても、一遍に突っ込む必要がないのが良いところではないでしょうか。


 因みに、1単元が100万円を超えてもいいお金持ちさんは、東燃ゼネラル石油が配当が高いです。







 それで昭和シェル石油ですが、石油に止まらず太陽光発電や燃料電池の燃料となる水素ガスの供給を目指すなど、次世代エネルギーへの取り組みもちゃっかりと行っています。


 まあ、石油は仮にエネルギー構造の劇的な変革があったとしても、後10年くらいは需要が無くなるなんてことはないでしょうけどね。


 でも、環境に配慮した企業活動をきちんとしてますよってことで、SRI対象銘柄と言っていいのではないでしょうか。


 これらの取り組みは、近い将来、収益の増加に貢献してくると思います。







 株価の方ですが、2000年頃に底を打ってからは、ずっと右肩上がりに来ています。


 去年は原油高もあって、1500円くらいにまで上がっていましたが、現在は下値を1250円くらいにして、三角保ち合いを形成中。


 上に抜けていくといいですね。


 もっとも、四季報で2007年12月の予想EPSが、95・5円と下がっている点には注意が必要でしょう。


 それでもPERは、13・6倍とまだまだ低い水準です(因みに、東証平均が19~21倍)。


 こういう低いPERの銘柄というのは、何かのきっかけでヒョイと株価が上がっていくことがあります。


 最近では、鉄鋼、海運株が記憶に新しいです(つーか、まだ真っ最中ですね。)。







 石油関連は在庫評価益によってその年の利益が左右されます。


 これは原油価格が影響していて、原油価格が上がれば在庫評価益が上がって利益も拡大します。


 従って、石油関連株も買われて株価が上昇。


 原油価格が下がれば逆の動きになります。


 現在、低迷気味なのもこれが原因の1つでしょう。


 でも、逆に言えば石油価格が下がっている今のうちに仕込んでおくと………いいことがあるかもしれませんね(笑)。


 実際に買うとしたら、1260円くらいに落ちてきた所をうまく迎え撃ちたいですね。


 落ちて来なかったら………縁が無かったと思うしか無いでしょうか(笑)。


 ガソリンスタンドは普段、昭和シェルを使ってることもあって、個人的には気に入っている銘柄の1つです。







 あ、そうそう、最後に中間配当があるので御注意を。


 金太郎さんは昔、全部もらえるつもりで売り払ったところ、半分しかもらえずにアテが外れた経験があります。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


ゴールデンクロス・システムトレード
コンピューターが自動的に売買のタイミングを指示。
直近4ヶ月で、200万円を超える投資成績を誇る
システムトレード(通常板)。

株は配当金を狙って


アクセル(6730)


 株価            360000円(06/12/21終値)


 予想配当額         7200円(3月決算)


 配当利回り         2・00%


 DOE           11・3%


 予想1株利益(EPS)   18157円


 前期実績PER       20・16倍


 今期予想PER       19・83倍


 PBR           5・65倍


 今期予想ROE       28・5%


 1単元           1株(360000円)






 来年注目の新興株ということで、経済ニュースでアナリストが上げていた銘柄です。


 なんだか面白そうなので、載せてみることにしました。


 パチンコ、パチスロ向けを主とするLSI半導体メーカーですが、工場を持たず設計を中心に行い、外注で製造するファブレス形態を採用しているようです。


 そのため効率経営が可能となっているそうで、ROEの高い数字がこのことを物語っています。


 DOEも高いですね。


 現在は収益の伸びが今ひとつですが、来期の2008年度に次世代品が寄与し始め、収益の拡大が見込まれています。


 因みに、四季報予想では1株利益が26840円、配当予想は8000円から11000円となっています。


 また、配当方針についても、今後数年内に配当性向50%を達成するとしています。


 株価の方は30万円でダブルボトムを形成した後、切り上がってきています。


 でも、この1年では下げ基調ですね。


 また落ちてくるかもしれません。


 そこが絶好の買い時かも。


 金太郎さんはパチンコはしないし、LSIはよく分からないので手が出せませんが、08年度までを考えると面白い銘柄だと思います。


 PBRが高めなのがちょっと気がかりですけどね。


 あと、アナリストが上がるって言ってる銘柄なことも(笑)。


株式常勝軍団メンバー募集!



応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る