FC2ブログ
株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
リンクフリーです。
コメント・トラックバックはお休みしています。

広告

 2018年9月28日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券            7・04 ◯ (13・69)
2  アルパイン           6・09 
3  東海東京FHD         5・81
4  日産自動車           5・36
5  東京エレクトロン        5・27 ◯ (35・20)
6  日本たばこ産業         5・06 ◯ (13・65)
7  大和証券G本社         4・92
8  青山商事            4・58
9  積水ハウス           4・56 ◯ (10・63)
10 ミクシィ            4・55 ◯ (18・26)


11 あおぞら銀行          4・53
12 FPG             4・53 ◯ (42・29)
13 キヤノン            4・43
14 みらかHD           4・40
15 岡三証券G           4・27
16 SUBARU          4・14 ◯ (14・17)
17 大東建託            4・07 ◯ (30・61)
18 中電工             4・02
19 阪和興業            3・97 ◯ (10・38)
20 住友商事            3・96 ◯ (12・51)


21 池田泉州HD          3・94
22 AOKIホールディングス    3・86
23 東京精密            3・86 ◯ (13・01)
24 日鉄住金物産          3・86 ◯ (11・15)  
25 オリックス           3・80 ◯ (12・30) 
26 みずほFG           3・78   
27 GMOフィナンシャルHD    3・73 ◯ (25・44)
28 ブリヂストン          3・73 ◯ (13・02)
29 ゆうちょ銀行          3・72 
30 三井住友FG          3・71


※ROE10%以上の企業は末尾に○印 カッコ内はROEの実際の数値(単位:%)


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 人類最大の発明は複利の効果だと、かのアインシュタインが宣ったとか。


 長期投資でもよく説かれるお話です。


 ここで仮に、年率5%で成長するポートフォリオを組めたとしましょう。


 これは、おおよそ日本のインデックスファンドで期待できそうな値なんだそうです。


 元本を100万円として、1年で1・05をかけ、2年でさらに1・05をかけ……、


 そうやって40年経過したとします。


 100万円×1・05の40乗ということですね。


 計算しますと約704万円になります。


 一応、当ブログでは、インデックスの成績の2倍くらいはいくんじゃないですか、と書いたので、これを年率10%にしますと、


 100万円×1・1の40乗ということになり、……約4526万円!?


 わあ、スゴイ!


 これが恐るべき複利の効果で、年数と年率が上がれば上がるほど数値が跳ね上がるという、とてつもない代物です。


 まあ、複利の効果に気付いても、利率を上げようと無茶苦茶な投資をやれば、こんな計算吹っ飛んですっからかんということもあるでしょう。


 しかし、上の数字(年率5〜10%)は全然無理な数字ではないと思ってます。


 税金も考慮に入れなければなりませんが、それを差し置いても意識すべき数字でしょう。


 長期投資家のお金の価値は、投資をしない人間に比べて、恐ろしく高いのではないかと思います。


 投資しない人の100万円は、現状の銀行預金で考えたとして、住信SBIネット銀行の普通預金金利0・001%で計算すると、40年経ってもほぼ増えずのおおよそ100万400円です。


 しかし、長期投資家のそれは、40年後の700万円であり、あるいは4500万円でありするわけです。


 バブル崩壊やら金融危機やらで、そううまくいかないという話もありますが、それについては既に思うところを書いてきました。


 複利の効果を生かすかどうかは、それぞれの人しだいです。




 2018年8月31日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券            7・15 ◯ (13・69)
2  東海東京FHD         5・89 
3  日産自動車           5・48
4  日本たばこ産業         5・13 ◯ (13・65)
5  大和証券G本社         5・10
6  青山商事            4・74
7  岡三証券G           4・69
8  あおぞら銀行          4・69
9  ミクシィ            4・56 ◯ (18・26)
10 キヤノン            4・49


11 SUBARU          4・36 ◯ (14・17)
12 東京エレクトロン        4・36 ◯ (35・20)
13 積水ハウス           4・36 ◯ (11・38)
14 みらかHD           4・23
15 住友商事            4・16 ◯ (12・51)
16 FPG             4・03 ◯ (42・29)
17 AOKIホールディングス    4・01
18 阪和興業            4・00 ◯ (10・38)
19 中電工             3・97
20 野村HD            3・93


21 オリックス           3・92 ◯ (12・30)
22 日鉄住金物産          3・91 ◯ (11・15)
23 ローソン            3・91 ◯ (10・16)
24 ブリヂストン          3・91 ◯ (13・02)  
25 JFEホールディングス     3・91 
26 三井住友FG          3・88   
27 双日              3・88 ◯ (10・74)
28 武田薬品工業          3・87
29 ゆうちょ銀行          3・85 
30 みずほFG           3・84


※ROE10%以上の企業は末尾に○印 カッコ内はROEの実際の数値(単位:%)


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 日経平均22000円から23000円を行ったり来たりです。


 年末に向けて上昇してくれればいいけど、どうなるでしょうか。


 銀行の苦境が度々取り上げられてます。


 随分前から、社会的な機能を失っているのではないかと疑問に思ってましたが、最近はその傾向が一層明らかになった感じ。


 そんな中で気を吐いてきたはずのスルガ銀行が、不祥事で株価下落。


 伝統的産業で何か革新的なことをやってそうな企業は、業界の中で大手、重鎮と目されるところ、例えば銀行ではメガバンクとの比較検討が必須です。


 なぜかというと、伝統的産業であればあるほど、そうそう美味しい話はなくて、あれば大手がやってるし、やってないとすれば、それは事業的に、あるいは法的に、かなり危ないと考えられているはずだからです。


 一見、うまくいってそうに見えたとしても、持続可能性があるかどうかはわかりません。


 リーマンショックの時も新興の不動産業が軒並みやられていました。


 投資先を考えるときには、注意すべきことだと思います。






 2018年7月27日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券            7・56 ◯ (13・69)
2  東海東京FHD         5・69 
3  日産自動車           5・50
4  大和証券G本社         5・19
5  岡三証券G           4・82
6  日本たばこ産業         4・76 ◯ (14・27)
7  キヤノン            4・48
8  SUBARU          4・44 ◯ (14・17)
9  東京エレクトロン        4・34 ◯ (35・20)
10 ミクシィ            4・29 ◯ (18・26)


11 あおぞら銀行          4・28
12 青山商事            4・26
13 積水ハウス           4・17 ◯ (11・38)
14 日本郵政            4・05
15 カブドットコム証券       4・04 ◯ (14・82)
16 みらかHD           4・01
17 住友商事            4・00 ◯ (12・51)
18 野村HD            3・98
19 丸紅              3・92 ◯ (12・98)
20 日鉄住金物産          3・87 ◯ (11・15)


21 沖電気工業           3・85
22 武田薬品工業          3・85
23 池田泉州HD          3・82
24 みずほFG           3・81  
25 NTTドコモ          3・79 ◯ (12・24)
26 三井住友FG          3・78   
27 アマダHD           3・77
28 ローソン            3・76 ◯ (10・16)
29 MS&ADインシュアランスG  3・76 
30 ブリヂストン          3・74 ◯ (13・15)


※ROE10%以上の企業は末尾に○印 カッコ内はROEの実際の数値(単位:%)


株は配当金を狙ってTOPに戻る